AGA治療の副作用が怖い!?AGA治療で起こる副作用を紹介




AGA治療で調べると「効果」や「価格」の他に「副作用」というキーワードが出てきます。

AGA治療を受けるさいに説明を受けますが、確かにAGA治療での副作用はゼロではありません。

ただ、リスクばかりを気にしても仕方ありません。

そこでAGA治療における副作用を知る事と同時にAGAクリニックが副作用に対してどのように対応しているかをご紹介します。

AGA副作用①:男性の性欲減衰によるED(勃起不全)

AGA治療での副作用として有名なのは性欲減衰によるED(勃起不全)です。

女子にモテたくて薄毛治療を行うのに、アレが役に立たなくなるなんて最悪です。

実際にAGA治療による副作用の発症率はどのくらいなのでしょうか?

AGA治療薬であるフィナステリドは主に抜け毛を防ぐ作用があります。

その治療薬フィナステリドにおける副作用の発現率は下記の通りです。

症状発現率
性欲減衰1.1%
ED(勃起不全)0.7%
性欲量減少0.4%
肝機能障害0.2%

出典:MSD株式会社「プロペシア錠0.2mg/プロペシア錠1mg」添付文書

このように実質1%!100人に一人の割合のかなり低い割合で副作用が出ます!

この結果をリスクが高いととるか低いととるかは個人の判断ですが、
例えば大手AGAクリニックのAGAスキンクリニックの半年間の治療における発毛実感率は99.4%です。




つまり、AGA治療で副作用が出る確率よりも治療によって発毛する確率の方が高いことが分かります。
(AGA治療1000人のうち、副作用が出る確率は10人、発毛しない人の確率は6人で発毛する確率の方が高い)

ですので個人的には薄毛に悩んでいるのであれば気にする必要のないリスクと思います。

AGA副作用②:頭皮のかゆみ

AGA治療は先に説明した抜け毛を防ぐための薬:フィナステリド発毛させる薬:ミノキシジルの2種類の薬を服用することで髪の毛を復活させます。

ミノキシジルは血管を拡げ、血行促進による発毛効果のため、直接頭皮に塗るタイプの薬の場合、
頭皮に赤みやかゆみが出る場合があります。

この場合、あまりにもひどい時は頭皮に塗る薬ではなくミノキシジルのタブレット。通称ミノタブで対応すれば治まります。

また、ミノタブの方が発毛に関しては効果が高いと言われております。

AGA副作用③:動悸、体毛が濃くなる

ミノタブを服用すると、血流が良くなるため、服用30分後くらいに動悸が起こります。

こちら最初は気になるのですが1週間もすれば慣れます。
むしろ血流が良くなっている証拠ですので発毛効果がその後あらわれます。

さらに、服用を続けていると、髪の毛だけでなく、体毛が少し濃くなります。
わたし自身、AGA治療を行なった際に腕の毛が少し濃くなりました。(厳密に言うと太くなりました。)
ですが腕の毛が濃くなった頃には薄かったM字部分も濃くなって薄毛ではなくなりました。

これらは副作用というよりも血流が良くなったことの効果だと思います。

副作用が出たらどうすれば良いか

まずは治療を受けているクリニックのお医者さんに相談してください。

薬の量の調節や今後の対応についてアドバイスを受けることができます。

一番危険なのは個人輸入などで入手したフィナステリドやミノキシジルを服用して副作用が出ることです

これらは主にインドなどで作られており、衛生面などのリスクおよび自己責任などリスクが高いのでやめましょう

副作用が怖い人にオススメのクリニック

それでも副作用が怖い方にオススメのクリニックがあります。

リアスAGAクリニックです。

リアス銀座クリニックでは

患者の日々変わる薄毛の状況や身体の状態に対し、治療の効果だけでなく副作用が起こるリスクも考慮し、医学的な見地からささいな患者の問題も早期に発見・対応できるシステム

「パーソナルメディカル発毛」

を行なっています。

具体的には毎月無料で受けられる血液検査によって、患者の身体の症状や体調を把握し、検査結果をもとにオリジナル発毛薬やオリジナルメソセラピーの成分配合を変えることで最適な治療をご提供します。

このように毎月の患者の状況を知ることで不安な副作用に対しても早期に対応することで、副作用のリスクを極力抑えて治療のできる安心のクリニックです。

また現在、日々変化する身体の状態にも合わせ、AGA治療を行う患者に適した薄毛治療を行うことのできる医療機関は、

リアス銀座クリニック

だけです。

もし、AGA治療を受ける上で副作用に不安な方はリアス銀座クリニックがおすすめです。

最後に

副作用のリスクはノーリスクではありません。

ですが副作用は薬の服用をやめれば治まります。

あくまでAGA治療中での一時的なもので副作用がずっと続くリスクはありません。

ただ、薄毛は悲しいかな始まったら止まりません。

確実に薄くなります。

むしろ恐ろしいのは副作用よりも、このままハゲとして過ごす人生だと思いますがいかがでしょうか?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です